2009/10
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

Oh Shit!

先月から図書館へ通うようになった。
借りては読んで、返却してはまた借りる。
キンカン塗って、また塗って、という感じ。
どんな感じだろう。
先の週末は、家で静かに本を読んで過ごした。
素敵な時間だ。

そんな時間が続いた後にテレビのスイッチを入れると、非常に煩わしく感じる。
最近は虫の居所が悪いのか、どうでもいいCMに、イラつく。
頻繁に見かける、自動車販売会社の子供店長。
最近は、店長の母親やお姉さんまで登場してるな。
だいたい、給食当番をサボるような奴に、店長など務まる訳がない。
異常にハキハキした受け答えと、赤のジャケットが気に入らない。

コンビニでろくに仕事もせず、肉まん機用コンセントで携帯を充電する女店員。
あの態度、悪すぎだ。
人を小馬鹿にした目つきも気に入らない。
皆さんも、自分がレジで肉まんを注文している様子を思い浮かべながら見てほしい。
精神衛生上、間違いなく、よろしくない。
ぶち壊したくて、おいら、たまらなくなる

あれ、ここまで書いて気がついたのだが、
虫の居所が悪いのではなく、ただ、ヒマなだけなのかも。
ヒマなだけならまだいい。
さては、どこか神経がマヒしているのか。
マヒナスターズ。

この間、余市町に住む両親(年金生活者)から届いた荷物、中身は、
この季節、実家の裏に落ちている栗、きっと冷蔵庫にあったブドウとリンゴ。
栗・ブドウ・リンゴ
嬉しいですね。
寒い季節、こういうの、心が温まります。

その栗を使って、妻K子がご飯を炊いてくれました。
栗ごはん
お主、なかなかやるな。
秋だね。

オンボロ我が家、朝と晩、ストーブのお世話になりだした。
月日が経つのは早い。
もう、10月も半ば。
あっという間に時間が過ぎていくので、
毎日、大切に、しっかりと、楽しく暮らす。
あっという間に時間が過ぎていくのに、
今月、給料日までは長い長い道のりだった。
毎月、厳しいぞ。
と、訴えてみた。

本日のBGM:
DEAD KENNEDYS / Soup Is Good Food






























スポンサーサイト



Looking For A Song

10月10日(土)、小樽市で飲んだ。男3人。
「The Heart Of Stone」のKSW氏(Vo)、ダーオ氏(Dr)、私(G)。
ベースのチーミー氏は今回欠席。またゆっくり飲もう。

焼き鳥屋で焼酎ボトル。何故か野球の話に花が咲く。
ダーオ氏が野球に詳しいのは驚いた。
もう20年以上のお付き合いなのに、これには意外。
ダーオ氏「俺が契約している駐車場の駐車スペース、3番。番号3。何故か解る?」
私「もしかして、長嶋だから?」
KSW氏「えっ?一茂で?」
ダーオ氏「お前、それ、ヤクルトだって。」
なんてことはない会話。記してみると、本当になんてことはない。
だけど、笑った。大笑い。
この後、焼肉屋でホルモンと焼酎。
最後にスナックで歌を少々。
楽しかった。楽しすぎた夜。
あまりに楽しみすぎたのか、翌日には二日酔いという辛い仕打ちが待っていた。

前回記事で、拍手ページからコメントを寄せていただいた方、
いつも、ありがとうございます。
甲斐バンドの「嵐の季節」がらみのコメント、心に染みました。
先のバンドメンバーとの飲み会でも、彼らの話で盛り上がったところです。

さて、今夜は、ライブチケット半券を幾つか紹介します。
まずは、その、甲斐バンド。
BEATNIK TOUR 1983/1983.10.7(北海道厚生年金会館・札幌市)
甲斐バンド
私、このとき、北海道後志地方の高校3年生。
平日、5時間目の授業を途中で抜け出し、帰宅、
急いで着替えて札幌行きのバスに飛び乗り、揺られること2時間半。
ブライトン・ロック~ダイナマイトが150屯で始まったライブ。
後半の、ポップコーンをほおばって~氷のくちびるには、もう、シビレまくった。
ロック系のライブを見たのがこの日が初めて。
この興奮は今でも忘れられない。

続いては、ARB。
Yellow Blood Tour 85/ 1985.6.5(道新ホール・札幌市)
ARB
田中一郎氏、サンジ氏が抜けた後のARB。
クリープの入れないコーヒーのようではなかった。
この年発売された「Yellow Blood」は、私の中でARBベスト3に入るアルバム。
石橋 凌氏は真っ赤なスーツで登場、会場は男ばかりだったのは鮮明に覚えている。

そして、ラフィン・ノーズ。
1985.12.25(道新ホール・札幌市)
ラフィン・ノーズ
当時、私、20歳。この日は12月25日。
赤白ボーダーシャツにボロボロジーンズと安全靴に身を包み、
気がつくとアンコールの「Get The Groly」では最前列でグシャグシャ、
帰宅後は体のあちこちが痛み、一人寂しくビールを飲んでた、
そんな20歳のクリスマスを思い出した。

当時のライブチケットは、だいたい2,000円から、高くても3,000円。
今じゃ考えられないよね。
外国のバンドなんて見ようもんなら、7,000円は覚悟しなきゃならん。
といっても、今日紹介したチケットは、24年から26年も前のライブ。
記憶は薄れてはいるものの、確かに自分の中にズシリと残っている。

そういえば、今年、2009年。
ライブ見てないな。
11月には遠藤ミロウ氏が、12月にはギターウルフが来札とのこと。
なんとか都合を付けなければ。

本日のBGM:
Big Audio Dynamite / The Bottom Line






Kaminari Today

うま
先週末のドライブの途中、見てのとおり、馬だ。
自宅から5分ほど車を走らせると、こんな風景が広がっている。

えりも岬
訪れたのは5月。
自宅から1時間ほど車を走らせると、何もない春があった。

肉すきやき
9月上旬、突然我が家に「高級松坂牛」が届いた。
K子が応募していた、とある懸賞に当選したんだって。旨すぎる。
すきやきを1時間ほど食べ続けると、満腹になった。

以上、フォトギャラリーでした。おそまつでした。

ところで、台風だ。
皆様のお住まいの地域は大丈夫でしたか?
いよいよ、北海道に台風が近づいてきた。
私の住む浦河町も、次第に風が強くなってきた様子。

我が家のテーブルには、ろうそくが用意されている。
初めはただ熱いだけだったが、慣れてくると、それがすごく気持ち良い、
今夜もそろそろ、なんてもちろん、そんな趣味はないのですが、停電対策のため。
管内のえりも町では、大規模な停電が起きているらしい。
それに、トランジスタ・ラジオも準備してある。
君の知らないメロディや聞いたことのないヒット曲、それと台風情報を聴くため。

あーあ、こんな夜は、早く布団に潜り込み、読書でもしよう。
雨と風をやり過ごせ、今は嵐の季節。
と、ふいに甲斐バンドの名曲「嵐の季節」を思い出す。
と同時に、どういう訳なのか「裸足の季節」のサビのメロディまで頭の中を駆け巡る。
やっぱり早く寝た方がよいですな。こりゃ。

本日のBGM:
Echo & The Bunnymen / Porcupine









 | ホーム | 

プロフィール

TNK

Author:TNK
住居:北海道釧路市
年齢:47
性別:男
好きなこと:飲酒、ロックンロール

thank you, my friend!

ブログ内検索